犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
座っているジャーマン シェパードの子犬。白い背景の白黒写真

子犬の行動を理解する

ペットオーナーは子犬にとって親のような存在であると同時に、大切な社会的なパートナーとも言えます。子犬があなたの注意を引こうとしているかどうかにかかわらず、子犬の行動、感情表現、そしてそれらの背後にある意味を理解できることが大切です。

子犬のボディーランゲージ

子犬は言葉でコミュニケーションをとることができませんので、ボディーランゲージ(身体や表情の動き)を通じて、何をしたいのかやどんなニーズがあるのかを考えてあげましょう。

少年の顔をなめている黒い子犬

リラックスした状態

リラックスした穏やかな姿勢は、他のすべてのボディランゲージを理解するための基点となります。子犬の行動の微妙な変化を見分けられるように、平常な状態における身体の体勢などのボディランゲージを知っておくことが大切です。

1. しっぽ

子犬のしっぽはおそらく下に向いていますが、脚の間にはありません。リラックスしているときは、しっぽをゆっくりと振っているかもしれません。

2. 姿勢

子犬がリラックスしているときは、体のどこも緊張させることなく、すべての体重を4本の脚に均等に分散させます。

3.

子犬はリラックスしていると、耳を前寄りや後寄りにせず、中立位置に保ちます。

4.

ゆっくりと瞬きをしているときは、子犬がリラックスしていることを示している可能性もあります。

警戒している状態

子犬のボディランゲージが強い警戒心を示している場合は、何かが気になっていることを意味します。嫌なことへの反応という意味だけではなく、単に特定の物や状況に対して子犬が関心を持っている場合にも、それがボディランゲージに現れることがあります。とはいえ、子犬が次にどのような行動をするかをよく見て、それぞれの状況で問題なく落ち着いて行動しているか確認してください。

1. しっぽ

子犬はしっぽを直立させるでしょう。しっぽをを振ることもあります。

2. 姿勢

警戒しているとき、子犬は体を緊張させている可能性があります。その場合、前脚に重心を移し、気になっているものに体を傾けたりします。

3.

警戒している子犬は、直立し耳を少し前に向けます。子犬が耳を下に向けた場合は、どう捉えてよいかわかりにくいことがあります。

4.

子犬は警戒しているとき、注意を向けた相手や物を注意深く監視します。

5.

警戒している子犬は多くの場合、口を完全に閉じます。

遊んでほしい姿勢

遊んでほしいと思っている子犬がよく見せるしぐさは、前足を広げて折り曲げ、胸を地面につける「お辞儀」のような姿勢です。「お辞儀」の姿勢だけでなく、おおげさな動きをする子犬は、遊び好きである傾向があります。子犬がこのボディーランゲージを示しているときに楽しいゲームで遊んであげると、身体的および精神的な刺激を十分に与えることができるでしょう。

1. しっぽ

遊び好きな子犬は、しっぽを高く持ち上げ、振ります。

2. 姿勢

お辞儀をしたり、行動をすぐに変えたり(追いかけたりレスリングをしたり)する場合、子犬は遊びたがっているのかもしれません。

3.

子犬は興奮していると、遊び中ずっと吠えていたりします。

4.

遊び好きな子犬は、舌を出しながら口を開けることが多いようです。

恐がっている

子犬が恐怖や辛さを感じている兆候を察知できるようになることは大切です。子犬が怖がっているときは、怖がる原因から離れたところに移動して落ち着かせましょう。

1. しっぽ

怖がっている子犬は、しっぽを下げ、股の下に入れます。

2. 姿勢

子犬は体を低くし、恐れているものから顔をそらしたりします。その様子は横に歩いているように見えることもあります。不安のしるしとして、前足を1本上げたり、あくびをしたり、唇をなめたりすることもあります。

3.

子犬が耳を後ろに引く仕草を見せるときは、怖がっている可能性があります。

4.

子犬が怯えている場合、クンクン泣いてそれを知らせることもあります。

5.

子犬は怖がっているとき、その対象を直接見ることを避けようとします。

防御のための攻撃行動

この行動を示す子犬は怖がっているので、挑発されると攻撃してくるかもしれません。子犬のボディランゲージに細心の注意を払い、過度に攻撃的な行為はさせないことが大切です。

1. しっぽ

防御のために攻撃的になっている子犬は、しっぽを股の下に巻き込んだりします。

2. 姿勢

防御のために攻撃的になっている子犬は、しゃがんだ姿勢で立ち、しっぽを低くしたりします。その場合、背中からしっぽにかけての毛を逆立て、体を後ろに傾けるようにしゃがみます。

3.

子犬がうなり声を上げるのは一般的に、防御と攻撃性の両方の現れです。

4.

子犬が防御のための攻撃性を見せている場合は、耳を後ろに引き、頭に対して平らにする仕草を見せたりします。

5.

防御のために攻撃的になっている子犬は、目を大きく開き、瞳孔も広がっています。子犬が怯えている場合、体や頭を横に向け、直接目を合わせようとしません。

6.

子犬が防御のために攻撃的になっている場合、口の両側を引き、歯を露出させることがあります。

攻撃体勢

子犬が攻撃体勢になってしまっている場合は、攻撃してしまう前に状況を落ち着かせてあげることが大切です。

1. しっぽ

子犬がしっぽを上に曲げている場合は、攻撃的になっていることを表している可能性があります。そのとき、しっぽの毛を逆立てていることもあります。

2. 姿勢

強気で攻撃的になっている子犬は、非常に強い態度を見せます。真っ直ぐ立ち、前脚に重心を掛け、前のめりの体勢になるでしょう。

3.

子犬が他の犬や人に向かってうなり声を上げて前かがみになっている場合、これは攻撃性を表しています。

4.

強気で攻撃的になっている子犬は耳を前方に向け、思い切り高く持ち上げたりします。

5.

子犬が攻撃性を見せている場合、その原因となった相手と直接目を合わせていることがあります。

6.

攻撃的になっている子犬は、口と鼻をゆがませ歯を見せます。

良い行動を促す

犬の行動の変遷

犬は人間に飼われるようになり、野生動物から家庭用ペットへと変遷してきました。その結果、行動も劇的に変化しました。食べ物や寝る場所を探す必要がなくなった代わりに、幼い頃からペットオーナーに自分がしてほしいことを伝えなければならなくなったのです。

屋外で芝生や木の枝の間を歩くハスキーの子犬

子犬の行動の説明

子犬が特定の行動をする理由について考えてみましょう。

それはペットオーナーと離れることに対して、不安を感じているのかもしれません。これを防ぐには、犬に独りで過ごす方法を教えましょう。独りで家に少なくとも30分間いられるようになれば、もっと長い時間独りでいられるようになるでしょう。

退屈だったり好奇心旺盛さが原因であると考えられますが、特定の病気にかかっていることもあります。子犬の行動が心配な場合は、獣医師に相談してみましょう。

孤独や不安、退屈を感じているのかもしれません。噛むおもちゃを与えてたくさん運動させてみましょう。おもちゃで気を紛らわせることで、家具を噛まないように促してみましょう。単純に叱ってしまうと、悪い行動を助長してしまうことがありますので、叱らないようにしましょう。

十分に運動をしていない子犬は、土を掘ることで余分なエネルギーを燃やそうとしている可能性があります。おもちゃを土に埋める傾向もありますので、おもちゃを外に持って行くところを見たら注意して見守りましょう。また、暑すぎると感じているときは、掘ったばかりの土に横になって涼もうとしているのかもしれません。

息がとても荒いのは多くの場合、暑すぎることが原因ですが、不快な環境下でストレスを感じてしまっている可能性もあります。喘いでいる場合は病気の可能性もありますので、状態について不明点がある場合は獣医師にご相談ください。

子犬は自分の臭いを隠すためにうんちの上に寝転がるという説もあります。この習性は、犬が人間に飼育されるようになる以前の時代にまでさかのぼります。その一方で、単に子犬がうんちの臭いを好きだからという説もあります。

犬の鼻が冷たいのは、水分が蒸発することが一因として挙げられます。水分が蒸発していない場合は、鼻を触ると温もりを感じることが多いです。子犬の鼻が乾いたり、過度な乾燥によってひび割れたりしている状態は理想的ではありません。心配な場合は獣医師に相談してみましょう。

新しいことを学ぶときの子犬の集中力は、それほど長く持続しません。子犬の気が散って集中できない場合は、1回のトレーニング時間が長すぎるのかもしれません。トレーニングは子犬にとって馴染みがある落ち着ける場所で1回5分まで、等と決めて行うことで、子犬の集中力をできる限り持続させながら行うようにしましょう。

うんちを食べてしまう行動は、生後6ヵ月未満の子犬にしばしば見られる問題です。その原因はビタミン欠乏症や内部寄生虫が発生している場合もありますが、単に退屈しているからという場合もあります。

子犬は空腹、孤独、けが、退屈を訴えたり、トイレに行きたかったりするために鳴いている可能性があります。上記のヒントをもとに、現在の状況やボディランゲージから読み取る努力をすると、子犬が何を求めているかわかるかもしれません。

かつては、草を食べることで体内にある不快なものを吐き出すことを誘発しているとも考えられていましたが、現在では単に、草を食べるのが好きなのではないかと考えられています。

それは、愛情などの気持ちを伝えようとしていると考えられます。新しい環境下に置かれた子犬は、面識のない人の顔を舐めてみて、どんな人なのか知ろうとしているのかもしれません。

まず、体調面や健康面での問題ではないか確認することが重要です。症状がひどく、心配な場合は獣医師に相談してみましょう。震えてしまう要因として、その他にもストレス、恐怖心、興奮、気温の低さなどが挙げられます。子犬が震えだす前に周囲で何が起こっていたかを確認して、原因を突き止めましょう。

子犬の行動がおかしいと心配になった場合は、獣医師に相談することをおすすめします。

子犬の健康

子犬の健康とウェルビーイングについて、そして病気の早期発見のしかた等を詳しく学びましょう。

子犬の健康について
座っているジャック ラッセル テリアの子犬。白い背景の白黒写真

子犬のしつけをする

子犬のしつけの基本について学び、よくしつけができた家族の一員となるようサポートしてあげましょう。

子犬のしつけについて
ダックスフントの子犬が戯れている白黒写真