犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

子犬のトリミング・グルーミング(お手入れ)

幼い頃から人に手入れされることに慣れていると、その後生涯を通じてお手入れが楽になります。必要なお手入れは犬種によって異なります。このニーズを理解することが、子犬の被毛だけでなく爪や歯、耳など を健康に保つ鍵となります。

Poodle puppy sitting black and white

子犬のグルーミングはなぜ重要なのですか?

子犬のお手入れには、子犬の目・耳・鼻の衛生とともに被毛の健康を維持できるという明確な利点に加え、子犬の健康的な皮膚の状態を知ることができるという素晴らしい利点もあります。これを知っておけば、普段と状態が異なるときにすぐに気づくことができます。

Dachshund puppy being given a bath

幼いうちから人に手入れされることに慣らせておくとよいでしょう。お手入れは犬が幼いうちからゆっくり始めるとストレスが少なくなり、将来的にはペットオーナーも心の余裕ができて必要な手入れを楽にできるようになります。

Miniature Poodle puppy being washed by owner

子犬のトリミング・グルーミングに必要なツール

ラバーブラシ

短い被毛からはがれた角質や抜け毛を取り除くために使用

スリッカーブラシ

被毛に当ててかたまりや束になった毛をほぐし、アンダーコートから余分な毛を取り除きます。巻き毛や粗い被毛をほぐすのに最適

ピンブラシ

毛のもつれや毛玉を優しくほどくのに使用します。特に長毛やシルキーコートと呼ばれるシルクのような細い毛質の犬種によく使われています

毛ブラシ

犬の被毛をブラッシングした後に出た毛やクズを除去するために使用

目の粗い櫛

尾と脚に使用できる優しいツール

トリミング ナイフ

年に4〜5回、毛の粗い犬の毛を抜くために使用します。このツールはプロのトリマーに最適です

爪切り

犬用の爪切りは、子犬の爪を傷つけずにカットできるよう設計されています

歯ブラシと歯磨き粉

人の歯磨き粉は子犬にも成犬にも良くありません。犬用の歯磨き粉を使用するのが最もよいでしょう

犬のシャンプー

犬の皮膚は繊細で、pHバランスは人間と異なります。そのため、皮膚と被毛の健康には犬専用のシャンプーが必要です

栄養と被毛のケア

食事の内容は、犬の被毛に強く影響を与えます。光沢のある柔らかい被毛と健康な皮膚は、子犬のフードにオメガ3および6種類のアミノ酸が豊富に含まれていることによる好影響の一つと言えるでしょう。一方、食事に適切な栄養素が含まれていないと、被毛がくすんで張りがなくなる場合があります。テイラーメイドの栄養豊富な食事は、子犬の被毛ケアの最初のステップです。

Husky puppy playing with a ball on a striped blanket

子犬の被毛のお手入れ方法

被毛の長さに関係なく、子犬には一定のお手入れが必要です。これにより皮膚の炎症を防ぎ、もつれを防ぎます。犬は一年中、毛が生え変わりますが、一般的に春と秋に増加します。定期的なブラッシングと入浴は、抜け毛を取り除くのに役立ちます。適切な頻度と必要なツールは、被毛の種類によって異なります。

短毛

ルメシアン、ジャーマン・ショートヘアード・ポインター、グレートデーンなど、毛が短い品種は通常のトリミングを必要としませんが、週に1〜2回ブラッシングする必要があります。古くなった角質や毛は、ラバーブラシで毛をブラッシングしてあげることで良い状態になります。そして、刺激を与えすぎないように毛並みの方向に獣毛ブラシを使うことで、不要な角質や毛を取り除くことができます。

Dalmatian puppy running outdoors in a garden

短毛~中毛

短毛から中毛の品種にはゴールデンレトリバー、ジャーマンシェパード、ボーダーコリーがいます。これらの品種は被毛(オーバーコートとアンダーコート両方の場合もあります)が密生しているため、こまめにブラッシングする必要があります。
スリッカーブラシを使用して毛並みと反対方向に毛をとかし、傷んだ毛や角質をできるだけほぐして不要なアンダーコートを取り除きます。次に、獣毛ブラシを使って毛並みの方向にとかしてゴミを除去します。
目の粗いくしは尻尾と足に使用して、ゴミをとったり毛をほぐしたりするのに役立ちます。

German Shepherd puppy sitting outdoors in grass

長毛

長毛はとても美しいですが、それと同時に毎日ブラッシングが必要です。たとえば、アフガン・ハウンドの成犬では1日1回、1時間ブラッシングにかかることもあります。絡んだ毛をほぐす必要がある場合はスリッカーブラシを使用して、毛並みの方向にとかします。毛が長いことによって肌を強く引っ張ってしまう可能性があるため、優しく行うことが必要です。
ヨークシャーテリアのように絹のような毛を持つ犬種に獣毛ブラシを使用すると、毛に光沢が出ます。ラフコリーのような濃いアンダーコートを持つ犬種では、ワイヤーブラシを使用することで毛から不要な物を除去することができます。
胸の下や脚の下の毛は、目の粗い櫛を使用してほぐすと良いでしょう。ハサミは犬の毛を同じ長さに切り揃えることにも使えますし、からまりやすかったり異物を吸着する可能性が高い部分の毛を除去するのにも役立ちます。

Yorkshire Terrier puppy running outdoors through yellow flowers

剛毛

アイリッシュテリアやシュナウザーのような硬い毛質の犬は、年に4、5回余分な被毛を取り除く必要があります。トリミングナイフと親指でダメージを受けた毛をはさんで取り除きます。適切な方法で行えば犬は痛みを感じません。このグルーミングに取り組む前には、専門家に相談してみましょう。

Schnauzer puppy standing outdoors in yellow flowers

巻き毛

プードルやビションフリーゼなどの巻き毛の品種には、他とはまったく異なる被毛ケアのニーズがあります。抜け毛が少ないことが知られており、アレルギーを起こしにくいものの、被毛がからまりやすいため、毎日ブラッシングする必要があります。
スリッカーブラシを使用して、不要なものを優しく取り除くとともに全身の毛をほぐしてあげます。前足、後ろ足、および体の下側は、歩行中に集めてしまった異物を取り除くためにも入念に手入れしましょう。

Bichon Frise puppy standing outdoors in grass

子犬を洗う

泳ぐのが好きな子犬や散歩で泥だらけになりやすい子犬は、定期的に洗ってあげましょう。長毛の犬は、被毛を清潔に保つために他の犬よりも頻繁に洗う必要があります。

子犬を入浴させる時

子犬を過度に頻繁に入浴させないでください。入浴させすぎると、皮膚のpHバランスが崩れ、被毛が乾燥する原因となります。成長に合わせて、必要なときに子犬を入浴させるようにしましょう。

Jack Russell Terrier puppy having a bath

子犬の入浴方法

  • 水が入っていない状態のお風呂に子犬を慣れさせます。お風呂のエリアのにおいを嗅がせるようにし、それができたら褒めてください。
  • やけどしないようにお風呂にぬるま湯を入れ、子犬を徐々にお風呂に近づけます。
  • 被毛全体を濡らし、犬専用シャンプーを使います。目の周りに注意してください。
  • 入浴中を通して子犬を褒めることで、安心させてあげます。
  • 十分な量のお湯でしっかりとすすぎますが、体を震わせないように頭を濡らすのは最後にとっておきましょう 。

Jack Russell Terrier puppy being rinsed in a bath

子犬の被毛の乾かし方

入浴後は子犬をタオルでしっかりと拭き、きちんと乾くまで暖かい部屋に入れておきます。泥の中を子犬が転がり回っても問題なければ、夏なら庭で子犬を拭いてあげたり散歩に連れて行ってあげたりしてもよいかもしれません。

巻き毛の犬にはヘアドライヤーがおすすめですが、犬がやけどしないように注意を払い、乾かしながらブラッシングして毛が絡まらないようにしましょう。

Jack Russell Terrier puppy with a white towel on its head

愛犬のグルーミングの方法

1. 子犬の耳掃除

獣医師は、子犬の耳の形状に応じた最適な掃除方法をすすめてくれます。犬の耳は垂れているかピンと立っているかに別れますが、垂れ耳の犬は他の犬種よりも手入れが必要な場合があります。自宅で犬の耳掃除をするようすすめられたら、専用の洗浄液を使用しましょう。子犬の外耳道に数滴ゆっくりと垂らしたら、耳の付け根を約30秒間にわたって優しくマッサージします。耳の中に洗浄液が残っていたら、慎重に脱脂綿で拭いてください。

2. 子犬の歯のケア

子犬は固形食を食べ始めると、歯垢がたまり始める可能性があります。これを除去しないと、歯石になったり、歯茎のの炎症を引き起こす可能性があります。子犬の歯のケア方法で最も効果的なのは、犬用に特別に設計された歯ブラシと歯磨き粉で週に数回磨くことです。また、チューイング バーでも歯垢や歯石の形成を遅らせることができる場合があります。理想的には、歯垢や歯石の蓄積を防ぐために、週に2〜3個のチューイング バーを子犬に与えると良いでしょう。必ず子犬の1日の摂取カロリーを考慮して、体重が増えすぎないようにすることが重要です。愛犬にはどのタイプが最適かを獣医師に相談するとよいでしょう。

3. 子犬の爪の切り方

犬の爪には2種類あり、これらを狼爪(地に届かない爪)と足指の爪といいます。狼爪は前足の側面にあることが多く、足指の爪は四肢にあります。子犬の足指の爪は硬い地面を歩くことで自然に短くなりますが、長くなりすぎたら切ってあげましょう。

子犬の爪の切り方

 子犬の足の爪は硬い地面を歩くことで自然に短くなりますが、長くなりすぎたら切ってあげましょう。 子犬の爪にある血管を避けるため、慎重に爪切りを行う必要があります。専門の爪切りで下から上に切ります。これは、できれば地面に対して45度の角度で行うよう意識してください。断面 は、亀裂が生じないように滑らかでなければなりません。

子犬の爪をいつ切ったらよいかわからない場合や、実際にどうやって切るのか見てみたい場合は、獣医師にご相談ください。

Golden Retriever puppy having their nails clipped in a bathroom

ロイヤルカナンの子犬用製品 

ロイヤルカナンの子犬用製品は、生後1年目に必要なすべての栄養素を供給して子犬の成長と発達をサポートします。

PGRCB14